教育に一番必要なのはコミュニケーション

人は大人になって社会人になっていく程、モラルやマナーを大事にしていかなければなりません。
きちんとしたルールを守らないと、それが犯罪になってしまったり人を傷つけてしまう原因に繋がってしまいます。
なので教育というのは幼少期から必ず受けなければいけません。
幼稚園や学校など、人としての生き方を学べるところは沢山あります。
他の子供たちと関わる事で、人の気持ちを理解する事ができます。
しかし、学校などに預けておくだけでは立派な教育を受ける事はできません。
なぜなら、子供にとって一番大切な存在なのは親だからです。
子供は親の行動や言動をお手本にしてしまうので、親が子供にきちんと愛情をもって指導をしてあげなければ、人に愛される喜びや愛する喜びも理解できずに、学校でもそのような態度や振る舞いをとってしまう事があります。
勉強ももちろん大事ですが、何より一番大事なのは親子のコミュニケーションと言えるのではないでしょうか。