子供にとって、勉強だけが教育ではない

教育=勉強だと思っている方も多いですが、この世には勉強よりも大事な事があります。
「子供にきちんと教育を行っている」と主張する親もいますが、中には間違ったパターンもあります。
たとえば、いい学校にいかせていい成績を子どもに取らせたくて教育をするという事はとてもいい事だと思います。
しかし、子供から楽しみを奪ってしまう事や、親子のコミュニケーションをおろそかにしてまで勉強をさせる教育は間違っているといえます。
幼少期は親の言う事が絶対なのでいいかもしれませんが、ある程度大人になって自分の意思もはっきりしてくると、そのような教育方法では子供が逃げてしまったり、反抗してしまう結果になる可能性もあります。
勉強というのは決して楽しいものではありませんが、子供が窮屈になって逃げ出さないように、きちんと子供と勉強以外に楽しい場所へ出かけたり、悩んでいる事に親身になってきちんと話し合ってあげるなどの愛情を与える事が大事ですし、それが真の教育と言えるのではないかと思います。