子供を頭ごなしに叱ってはいけない理由

人に何かを教える事ってとても難しいものですよね。
とくに、義務教育で定められている学校はとても難しい場所であるといえます。
まだまだ子供たちは、何が良くて何が間違っているのかを理解する事はできません。
その間違いを、きちんと正していかなければいけない教育は、方法を間違えると逆効果になってしまう事もあるのです。
子供の心は、大人が思っている以上に繊細です。
大人になってくると、社会にでて傷つく事や辛い事がごまんとありますが、子供にはまだそんな免疫はないので、教師や親が子供の気持ちをきちんと理解せずに、怒鳴ったり罰を与えてしまうとかえって自分の殻に閉じ込もってしまって人と関わるのを恐れる子供になってしまいます。
なので、もしも子供が何か間違った事をしてしまった場合は、頭ごなしに怒鳴るのではなくきちんと愛情をもって叱ってあげる事が大事です。
また、自分のした事の何がいけないのかを理解していない場合は、叱らずに「あなたがこうする事で誰かが傷ついてしまう」というのをわかりやすく説明してあげる事が大事です。